ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

1年で4枚か

足のアトピーがものすごいことになっている関係で、昨日、生まれて初めて絵がついてない普通の絆創膏を使い切りました。
よくみたら品質保持期限が2005年9月……。
2度の引っ越しについて来たやつなので、そうとう古いものではあるんだろうと思っていたが、引っ越し前にとっくに使い切っていなければいけなかったのかw



昨日新しいのを買ってきたら品質保持期限が2013年。
∴およそ3年後の期限のブツが店頭で売られていることになる。
すると先代の絆創膏は2002年に買ったことになり、普通サイズ30枚を使い切るのに8年かかったという計算が成立するんだなあ みつを
昨日買ったやつも30枚入り。使い切る時には40歳過ぎてるぜ!!タハー!!
ちなみに大きいサイズと指先のケガに使うような小さいやつはまだ残っているです。



で、昨日買った絆創膏は商品名が「キズリバテープ」というのだが、「リバ」って何ぞ?
リバティの「リバ」か。利場さんが考えたのか。関西での絆創膏の総称が「リバテープ」だと少し前のニュー速で見た記憶もあるな。
北海道は「サビオ」、関東は「バンドエイド」。どこだか忘れたけど「カットバン」と呼ぶ地域もあるらしい。そこの地域のメジャーなメーカーの商品名が総称になっている模様。
私が幼児だった頃には、関東でも缶入りのサビオをよく見かけたものですが。
サビオとバンドエイドは高いから買ってもらえなくって(信金の粗品でもらった無名メーカー品が常備)、大学入って一人暮らしを始めたときに即行バンドエイド買ったw当時は赤い糸を引っ張って開けるオサレ包装だった記憶。
絆創膏にさえ赤い糸があったというのにお前ときたら……



あと小学校高学年と20代前半に絵入り絆創膏集めに凝っていた。
20代前半といえばいちおう会社勤めをしていた時期もあったのだが、腕にたまごっちとかスヌーピーとかが貼ってあるわけですよ。どうみてもバカです本当に(ry
今も迷彩柄と豹柄のが残ってるんだけど、さすがに袋が黄ばんでいては使う気になりませんね。



'80年代には絆創膏とか体温計の形のチョコがあったな。
小さいくせに高い。たいしてうまくない。