ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

ありがた申し訳なさ

過日、書店で若干お大尽な買い物をしますた(バイトのお使い)。
ダンボール一箱分くらいになったので店員さんが車まで運んでくれることになったんだが、どうみても私より10kgは少なそうな細身で眼鏡の「本が好きだから本屋で働いてます☆」的なお兄さん……
コミュニケーションスキルが残念すぎる喪女は当たり障りなくお断りすることなどできるはずもなく、流されるがままさ!!
箱に詰めてくださること数分、そこには両手で箱を持つお兄さんが。
えぇぇぇぇぇ手で運んでくださるんで!?台車とかないんですかぁぁぁぁぁぁ!?腰曲がっちゃってるし!!両腕伸びきっちゃってるし!!車駐めてるのいちばん奥なんですが……
せめて積み込みには手間取らせまいと、先に車の鍵開けとこうと思って走ったら、後から走ってついて来るぅぅぅぅぅぅぅぅ!!ああああああああああああああごめんなさいごめんなさい申し訳ございません!!



失礼ながら、好みでなくてほんとうによかったと心底思いました。
ストーカー被害者は出ませんでした。
喪女に親切にしちゃならんよ……
てめーで運べピザデブ!!と箱を投げつけてくださればいいんだお!!



ガムテで補強してある箱を開けたら、本の上に袋をかぶせてあった。
これから本をアマゾンで買うのはやめます。
お兄さんの給料が上がりますように。そしてうまいものを食いますように。



f:id:baya92:20150506004023j:plain

美味いと思って買ったわけではないけど予想以上にまずい!!
こういうのはクラスに必ず1人「えー美味しいじゃん」というやつがいるからそいつにやる。
普通に喪グループの回し飲みに参加してくるリア充女子はすごい、勝てねぇと思った高校時代。