読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

音楽の正体

思い出墓場

夢のなかではかのうじがいましたが、目が覚めたらいませんでした。
めがさめてぼくーはーないーたー♪
そんな心境です。
君のために永遠に生きられはしないのだから、1人ぐらい実際に出てきてもいいのではないか。
そんな心境です。



グリーングリーンという歌がありますが、あれ4番ぐらいで「パパ」が「遠い旅路」へ出かけて、「二度と帰ってこない」と「僕」にもわかるんだよね。

あの歌詞を初めて目にした小学生の時に、「パパ」はヒッピー的な何かで、妻子を捨ててどっかいっちまった歌だと思い込んで憤慨していた。

30歳ごろになってどこかで「パパ」は南北戦争に出征したのだ、ということを聞いた。
あああぁぁぁぁああパパごめん!!てめえの父親が比律賓桃色居酒屋のチャンネーと蒸発したからって、どこの父親もおんなじだと思うのはまちがいだよね!!
深く反省した。

しかるに昨夜オカ板のまとめブログを見てたら、時代背景的に「パパ=ヒッピー」説もあるんでねえの!!
原曲の歌詞は「PUNKY BAD HIP」並にトンチキだ。
訳詞の作詞者の方も「解釈は読み手の自由」とおっしゃっており、「病死説」や「処刑説」などさまざまな解釈があるらしい。

数年にわたり特にしなくてもいい反省をし、なおかつ本日ブログでさりげなく不幸自慢。
人生って思わぬところで思わぬことになるよね。
夢のかのうじが1人くらい実際に出てきてもいいと思います。
世界が終わるまで待っててベイベーですかそうですか。