ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

漫画とスヰーツ文具と日曜の昼下がり

借りたら面白かったので、遅ればせながら一気買い。

f:id:baya92:20150507032010j:plain

巨人に御茶漬海苔先生テイストを微量に感じるのは私だけでしょうか。
吹っ飛ばされた部分の再生が異常に速いあたりから、“巨人=主人公の夢や妄想が実体化したもの”という仮説を立てたのだが、どうやらそうじゃないようですね。
つか妄想or夢実体化オチの漫画かホラー映画ってあったよね?

巨人がこんなにいたらうんこが恐ろしいよね、と思っていたら消化できない設定とは……考えてあるんだなあそのへん。



あと『海月姫』7巻も買いますた。
私の中では6巻がピークだな。
まややのためにぶどうジュースを買いに走るばんばさんに泣き、ばんばさんに逆らえない花森さんにワロタ。



そしてこんなスイーツ向けコレトが限定発売中。

f:id:baya92:20150507032057j:plain

スライダー部分がハート♡になっているのです。
今はなき“ペアマッチ(注)”の順番決めるクジかっつうの!!



本体にセットするとこんな感じ。

f:id:baya92:20150507032148j:plain

「ハートにしたことになんの意味が!?」とお思いの喪嬢さん方も多いかと思われますが、実は、通常レフィルのスライダーより出っ張りが大きい分ノックしやすくて実用的という罠!!
全色あるわけでなく、さらに0.4?しかないのですが、「かわいいからじゃない、実用的だからだ」と己に言い聞かせ、ぜひおためしください。
ただし、複数入れると相当ばかっぽいので、よく使う色1本だけ入れてアクセントにするのがお薦めではある。
実用と見た目の両立はえてして困難なものですね。



あとはスイーツ向けデザインの5色用軸も3種類あります。
いまいちスイーツに徹しきれていない“照れ”がデザインを中途半端にださくしており、たいへん微妙なふいんきに仕上がっていました。
小学校高学年の姪ごさんをお持ちの方、進級祝いのプレゼントにどうでしょうか。
そんな感じです(*個人の感想です)

つか限定の使い所がまちがっちょるよパイロットさん!!
限定といったら限定色レフィルでポムパドゥールがいいと思います!!



そしてこの際なので3点言っておきたい。

1.スリッチーズとスタイルフィットのレフィルも、上を少し切ればコレトに入れられるんだ!!
しばらく使ってインクを減らしてから、バネを引っかけるところを削ればビクーニャのレフィルも入れられます。
スライダーで色がわかるという点が他のレフィルペンにはない最大の利点なので、コレトサイズに他社レフィルを改造すると大変便利です。
たとえば私の場合ですが、コレトの青系は面白みがないのでスリッチーズのスカイブルー、アプリコットオレンジの代わりにスタフィのゴールデンイエロー、黒は耐水性インクを使いたいのでビクーニャを入れてます。
赤系はコレトのチェリーピンク命なのでそれでよし。

2.予備レフィルはスタフィのレフィルケースに入れておくと持ち運びに便利。
この場合スライダーは使い回す。

3.ゼブラのクリップオン、クリップオンスリムも上記レフィルが換装できる。



何が言いたいかというと、好きなんだコレト。



*ペアマッチ
喪女には一生出演機会が訪れないであろう長寿番組「新婚さんいらっしゃい」で行われていた神経衰弱形式のゲーム。写真がそろうとその賞品がもらえる。
パネルの配置には一定のパターンがあり、パターンを研究し尽くした夫婦が先攻となった場合、賞品を独占することも可能。実際何度かそういう回があり、筆者は子供ながら「すごいけど空気読め」と思った。

また、毎回特定の賞品にハワイ旅行の副賞がついていたが、大抵はタワシかおたまであった。

なお、先攻・後攻は先端にハートのついたクジで決められ、赤いハートを引いた夫婦が先攻、無職透明のハートを引いた夫婦が後攻となり、先攻夫→後攻夫→先攻妻→後攻妻の順で行われた。
初期は赤いハートと何もついてない棒だったが、愛がないとかなんとかクレームがあったのかなんなのか、途中から両方にハートがついた。

賞品の中に“YES・NO枕”というものがあり、幼い筆者には長年用途が意味不明であったが、高校2年か3年の秋に突然ひらめき、大人になったことを実感した。時を同じくしてバカ殿の「これ爺、布団を敷け」の意味も把握した。なお筆者は、いまだYES・NO枕の使用機会には恵まれていないようだ。

新婚さんの“夜”の話を聞いて三枝師匠が椅子から転けるのが番組の見所の一つであるが、あの白い椅子でないとうまく転けられないそう。放映開始時から、ずっと修理しながら使い続けているそうだ。