ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

退院10日目

おかげさまで完全に“日常”に生きられております。

退院から3日後には仕事復帰、14日の月曜日からは完全に入院前と同じ時間で働いているです。

さすがに4時間近く立ちっぱなしになる軽作業バイトはまだ休んでますが(すでにバックレたい気持ちで満たされている)。

退院前の説明では、「最初は疲れて熱が出ることもあるから、そうしたら早退して休め」と言われていたのでちょっと心配だったものの、まったく平熱でございます。
妙なところで丈夫な身体に感謝だ。



ウチのおかんが、同室で同じ日に手術した人のご家族と待合室で話したらしいんだが、腹腔鏡手術で仕事は1ヶ月休む、とおっしゃったそうな。
「そりゃ正社員の人と底辺のフリーターを一緒に考えちゃいけねーべw」と返したところ、なんだか自分で自分の言葉に傷ついてしまいましたw

時給労働者は辛いぜ。来月の給料日が怖いぜ。



あと傷もこの前思いきってテープを剥がしてみました。
よくわからないが問題はなさげ。
怖いのでテープは貼り替えておいた。

「ポアテープ」の「ポア」って何なんでしょうね。怖いんですが。



ところで最近あらたに気づいたことがあります。
それは、クシャミは大きな声を出したほうが傷に響かない、ということです。

年配のおっさん方が鼓膜も破れよとばかりに大声でクシャミをするのは、腹筋が衰えたとかそういう要因も少しはあるのかもしれん、という結論に達した次第です。

しかし許したわけではないぞおっさんon the corner。



思いのほか前回の更新から時間があいてしまい、ご心配いただいた方もいらっしゃるようで申し訳ありません。
普通に日常に戻りすぎてネタが……嘘ですすみません。

俺の屍を越えてゆけ (通常版)

俺の屍を越えてゆけ (通常版)

ネタがなかったのもまるきり嘘ではないのですが。
仕事以外の時間のほとんどを上記のブツに注ぎ込んでおりました。

10年ほど前、飽き性の私がクリアした数少ないRPGの1つ。

PSPは『バイトヘル2000』と『どこでもいっしょ』しか持っておらず、数ヶ月に1度、思い出したようにバイトヘルをやる程度だったものが、この10日間は火を噴く勢いで使われております。
奥義を開発した弓使いが死んでからこっち、なかなか強い子が育たなくて停滞期でござるよ……。

なんだかこうやって友達をなくしていったんだよなぁ。
ご心配いただいた方、ごめんなさい。
うつぶせ寝も普通にできるようになり、寝る間を惜しんでゲームができるほど回復いたしました。