ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

班田収授法

手帳探しの旅に出た。



3月始まりはなかなかなさげなので、そこは1月始まりに譲歩してみたものの、バーチカルは種類が少なくって、サイズが小さめで厚さ1cm以内、かつ月曜始まりで土日均等タイプのものは黒い表紙のガチビジネス仕様しかなかった!!

手帳コーナーを8周ぐらいしながら迷った結果、そういえば別に分刻みの仕事とかしてなくね? ということに気づいた。

そこでオノレの生活パターンを考えてみたところ、午前・午後・夜という程度のざっくりした時間軸で充分だという結論に至り、『進撃の巨人』の新刊と文庫本2冊買って帰ってきた。



そして手帳探しの旅は先ほど、「ほぼ日手帳」のオリジナルとWEEKSをポチる、という結末を迎えて終了。

見開き1ヶ月の手帳さえ持て余す私には、あんな貪欲な手帳は一生縁がないものと思っていたが人生どう転ぶかわからないものですな。

サイトを見たらスッカスカな使い方をしている人がいてなんだか安心したのと、フラカン圭介さんが「ほぼ日手帳」愛用者だったのを思い出したことでムラムラきてしまいました。

WEEKSはドットで1日を3つに区切れるところが、ちょうど午前(プライベート)・午後(仕事1)・夜(仕事2)という時間軸に合致するのと、ウォレットサイズで持ち運びしやすいので、いわゆるスケジュール帳的な使い方をする予定。

オリジナルは日報的な役割といった感じで、初の2冊使いをやってみます。



サイズも形式も当初の条件とぜんぜん違ってしまったが、なにより予算の5倍を超える出費ですよ……

まだ届いてもいないのでどうなるかわからんですが、いずれ使ってみた感想など書いてみるつもりです。

いつまで経っても書かれなかった時には、6000円が死んだのだと思ってくだされ。



ちなみに買った文庫本はこれだ。

アミダサマ (新潮文庫)

アミダサマ (新潮文庫)