読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

喪衣論―なぜ喪女は「洋服に気を遣わないアピ」をするのか、その心理をめぐる一考察

未分類

昨日「あんてなのテーマそのさん」に、このような拍手コメントをいただきました。

単純にお尋ねなんですが、喪女さんって洋服に気を使わないアピする人が多いのはなぜだと思われますか?

baya92.hatenablog.com


うむ。たしかに。
大学時代、お前はどう考えても研究される側の人間だろうがw という講師から心理学を学んだこの私に担いきれるテーマか不安ではあるものの、いち現役喪女として考察してみました。

*なお、この考察は個人的見解であり、すべての喪女がこうだってなわけではありません。
そして、ここでいう「喪女」とは、Tシャツ、ジーンズ、カットソーに膝丈スカートなど、比較的主張しない服装の喪女を指す。ロリータとか着物といった趣味性の高いファッションの喪女は含まない。






1行目から人のせいにしますよ。
「洋服に気を使わないアピ」をする喪女が一定数いる背景には、女性の「洋服に気を使う」ということの社会的定義が、ピンク、ミニスカート、ミュール、シフォン、寒そうなワンピース、お花・ハートモチーフ、レーヨン、ポリエステル等といった、ぶっちゃけ男性目線、いわゆる「モテ系」だということがあると思われる。

という前提で進めますよ。



喪女が「洋服に気を使わないアピ」をする理由には、主に以下の3つが挙げられる。
1 「喪女」としての記号
2 自己防衛
3 「喪女」としての自意識



まず「1 『喪女』としての記号」について述べる。
要は人のせいですよ。

モテ子が「洋服に気を使う」ものであるのに対し、その対極にいる喪女は「洋服に気を使わない」ものである、という二元論的な認識が巷に醸成されてしまった(難しい言葉を使って高尚に見せようと頑張っています)。
その結果、「女で洋服に気を使わない」ということが「喪女」であることの記号となり、喪女好みの主張しない服装と相まって、喪女自身もその記号に従っている、と見なされてしまったのである。
喪女が洋服に気を使わない、Gがオーバーオールと帽子、コニタンがツナギ、竹安が黒縁メガネにゲゲゲの鬼太郎風の髪型、カジくんが半ズボン、アンコールは物販のTシャツ。



次に「2 自己防衛」について述べる。
これも人のせいにしますよ。

「ブスが着飾っても無駄pgr」とか言われたくないんですよ!!
着飾らなかったらなかったで「おしゃれして化粧ぐらいすれば多少はマシになるのにな、努力しろよpgr」とか言われちゃーもーどーしろっていうんだい!? もう好きなようにさせてもらうしかないんですよ!!
さらに、「もてたがっている」とも思われたくないんですよ!!



最後に「3 『喪女』としての自意識」だが、これは完全に私の思考のみに基づく考察である。
ここまで歪んだ喪女はそうたくさんはいないので、非喪女の方々はくれぐれも誤解のないようにお願いいたします。

スイーツが喪女を見下しているように、喪女もまたスイーツを見下している。
つまり、オサレと男のことしか考えてなくてベストセラーしか読んでないようなスイーツとはこちとら違うんですよ(キリ という矜恃ってんですか?
世間の価値観に流されない孤高の喪女、という厄介な自意識です。

また、個性派男子に片思いをしている喪女はこういった切り口のアピールをしがちであることが実証されている。
個性派男子だってモテ子を選ぶんだよバーカバーカ26歳の私orz



なお、「自意識」→諦め→「洋服に気を使わないアピール」という流れを辿る喪女もいる。
私にも自分なりの洋服のこだわりはあるものの、こだわるポイントがいちいちどうでもよすぎる。
ジーパンの尻ポッケに曲線のステッチが入っているのは許せないとか、あえての漫画Tシャツとか、外しのエスニックアイテムとか、かならずひとつ原色を入れるとか。
その結果、他者から見れば単なる「洋服に気を使わない人」としか見られない。
ゆえに、面倒くさいから自己申告します洋服に気を使わないです、となってしまったのである。

だから子持ちの友人に「あたしもTシャツとジーパンばっかだよーw」なんて言われた日にゃ、「お前のTシャツジーパンとは ち げ え ん だ よ」と高齢喪女はもうオカンムリです。

以上が私自身の思考と経験から考察した「洋服に気を使わないアピ」をする喪女が多い理由である。



コメントをくださったななし様、少しは参考にしていただけますでしょうか。
他喪女さんの見解もぜひうかがってみたいです。反論があればすぐに謝る準備があります。