読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばや

ばや-自己の願望の終助詞。未然形接続。いろいろと「ばや」ですがあきらめた喪女の日常のきろく。あとフラカンの話。

手ぬぐい洗顔

母がとつぜん買ってきた『安心』に載っていた「手ぬぐい洗顔」を始めて2週間ほど経ってます。
「手ぬぐい洗顔」とは、ぬるま湯で濡らした手ぬぐいで石鹸を泡立てて洗うだけ、クレンジングも不要、という手ぬぐい収集趣味を持つ面倒臭がり喪女にはまさに渡りに舟の洗顔法である。
渡りに舟の使い方がちょっとおかしいですか。

2週間試した結果、鼻周辺のトラブルが改善されてきた!!
開いた毛穴はまだ何ともならないものの、毛穴から出てるのに取れない角栓が減ってきた。
そして、昨年あたりから小鼻の脇を掻くと面妖な臭いがするようになったのだが(加齢臭か? orz)、始めて1週間ほどでまったく臭わなくなった。

崩れない事が売りの下地+リキッドファンデを使用したフルメイクも、本当に石鹸だけで落ちます。
化粧水のコットンに色が付かないから間違いない!!
顎に痛いニキビができとるが、これは顎だから思われニキビだ、間違いない。もう、彼ったら……//////////////

『安心』とか『爽快』とか、二字熟語系健康雑誌って既にネタとしか思えない記事満載で怪しさ∞だよねw あれらの健康法が本当に効くなら一号で廃刊だろう。エノキ氷とか椎茸氷とか、野菜凍らせるの好きすぎ。
――などと、二字熟語系健康雑誌は、私のなかでは完全に東スポ的扱いな訳だが、それがまさか、実践する日が来るとはw
「高価な化粧品でケアしていたエステティシャンの私が、手ぬぐい洗顔を始めたら驚きの透明感!! 『今まで顔洗ってなかったんじゃないの?』と家族に笑われますた!!」という体験談によろめいてしまたよ。

くたびれた手ぬぐいを持つ喪女さんには是非おためしいただきたい!! 追記にくわしく書いときます。
洗顔が1回で済むから乾燥肌にも良いのじゃないかしら。



というわけで「手ぬぐい洗顔」の方法について。



【用意するもの】
手ぬぐい
固形石鹸、洗顔フォーム

手ぬぐいは柔らかい生地、白または淡い色・柄のもの。
私は5年以上使って柔らかくなった、ふじ屋とかまわぬの手ぬぐいを使用してます。
新たに購入する場合は、糸が細い柔らかい生地のものを選ぶ。通販より店頭で触って買うのが良いでしょう。
濃紺や深緑、赤など濃い地色のものはお薦めしません。
水洗いでは色落ちがなくても、石鹸を付けると激しく色落ちする場合あり。

本誌では固形石鹸のほうが泡立ちが良いため推奨されていたが、洗顔フォームでも無問題。
うまく泡が立たない場合は、泡立てネットで作った泡を手ぬぐいに移す。



【洗顔の手順】
1) ぬるま湯で顔を2,3度濡らす。

2) 手ぬぐいをぬるま湯に浸して搾り、アイメイクを軽く拭う。
アイメイクが完全に落ちていなくても気にしない。

3) 手ぬぐいで石鹸を泡立てる。
手ぬぐいの布を大きく動かすと泡立てやすい。

4) 額から洗い始める。
強くこすらず、軽く撫でるように。
小鼻の脇や口角など、細かい部分は指に布を巻き付けて洗う。

5) ぬるま湯で洗い流し、最後に冷水で引き締める。
手ぬぐいは石鹸を洗い流し、絞ってから適当に干す。



開き毛穴持ちは、洗顔後に必ず鏡で確認すべし。キャンメのBBクリームライトが毛穴に残っていた事があります。洗い直しには毛穴用ブラシが便利。
下瞼の汚れも残りがちなので、下瞼にアイシャドーを付けた時は、うる落ち等で最初に拭っておくと良いです。
またマスカラはお湯で落とせるものしか使っていないので、クレンジングが必要なマスカラが手ぬぐい洗顔だけで落とせるかは不明。
ついでに身体も洗えます。肘の黒ずみとカサつきが改善されます。



雪の宿の限定味うめえww